Welcome to JP site
  1. Home
  2. ニュース

    Matter対応のスマートホーム製品がビジネス成功と市場拡大を加速

Matter対応のスマートホーム製品がビジネス成功と市場拡大を加速 2024-02-26 Nordic Semiconductor

スマートホーム技術が進化する中、Matterはデバイスとエコシステム間のシームレスな相互運用性のための不可欠な標準となっています。

スマートホーム技術が進化する中、Matter はデバイスとエコシステム間のシームレスな相互運用性のための不可欠な標準となっています。TÜV Rheinland は 2024 年 1 月 24 日に、Connected Standards Alliance(CSA)、Wi-Fi Alliance ならびに IoT 専門家やチップベンダーを招き、スマートホームと Matter の開発の状況を議論し、デモンストレーションを行うイベントを開催しました。

Matter 標準はオープンソースでロイヤリティフリーであり、Apple、Google、Amazon、Samsung など業界を代表する主要な企業各社に支えられています。Matter を採用することで、スマートホームデバイスに対する統一されたフレームワークを提供し、それらが単一のエコシステム内でシームレスに動作することを可能にします。Matter により、消費者は簡素化かつより快適なスマートホームの体験を享受できます。Samsung は、Matter 対応のテレビ、モニター、スピーカー、冷蔵庫などに Matter サポートを追加する先駆者の一社であり、SwitchBot は Matter 対応のロック、キーパッド、センサー、カーテンおよびブラインドモーターを提供しています。

すべてをより”スマートにする"必要性をサポートするマクロトレンドには、周囲の状況のより良いトラッキングが含まれています。これには空気の質や部屋の占有率の向上、家庭や大学の最適化、労働者と人口のための工場や都市の安全性の向上が含まれます。

Matter を採用する日本企業は、市場の拡大と幅広い適用範囲を見据えています。消費者に対して、自宅で使用する接続エコシステムに関係なく、Matter 対応のデバイスを購入できる機会は、より高い収益の可能性を提供します。

Matter を可能にする

Matter は IP に基づいており、Wi-Fi や Ethernet などのさまざまなネットワーク技術と連携できます。

デバイスがお互いに通信し、メッシュネットワークを形成する技術の 1 つが、Thread プロトコルです。このメッシュネットワークによりデータをデバイス間で受け渡し、スマートホームシステムの範囲と信頼性を向上させます。これにより、スピーカーやライトなどのデバイスが Thread ルーターとして機能し、ネットワークのカバレッジを拡張することも可能です。

Matter と Thread の組み合わせによる利点のひとつは、その自己修復能力です。ネットワークは新しいデバイスが追加されたり、既存のデバイスが削除されたりしても適応し、シームレスな接続と操作を確保します。

Matter は Thread プロトコル上で動作し、その機能を活用して信頼性の高いセキュアなスマートホームネットワークを作成します。これは、スマートプラグや電球などのバッテリー駆動デバイスに理想的です。Matter は、その初期には電球やライトスイッチ、プラグやアウトレット、ドアロック、サーモスタットおよび HVAC コントローラ、ブラインドやシェード、テレビやメディアデバイス、セーフティ及びセキュリティセンサーをサポートしていました。

Matter バージョン 1.2 では、下記のような新しいカテゴリがサポートされています:

  • 冷蔵庫
  • 室内エアコン
  • 食器洗い機
  • 洗濯機
  • ロボット掃除機
  • 煙感知器および一酸化炭素アラーム
  • 空気の質センサー
  • 空気清浄機
  • 扇風機

Nordic Semiconductor の Matter 開発の加速における役割

Nordic Semiconductor は、高い信頼性をもって低電力ワイヤレス接続ソリューションを提供しています。Nordic の Bluetooth LE 技術は、デバイスを Matter 環境やネットワーク接続おける初期段階の手続きを果たします。Nordic は、販売代理店の加賀デバイスおよびモジュールメーカーの加賀 FEI(旧太陽誘電無線モジュール事業)と共に、本イベントでは Thread と Matter ポートフォリオをデモンストレーションしました。

Nordic SemiconductorのMatter開発の加速における役割

画像:Nordic の製品と低消費電力 SoC の Matter 対応製品開発デモンストレーション。

Bluetooth Low Energy のリーディングカンパニーとして、Nordic はそのワイヤレスの専門知識を提供し、Matter 標準および Thread プロトコルの開発に貢献しています。Nordic の低消費電力マルチプロトコル SoC および SiP は、Bluetooth LE、Zigbee、Wi-Fi、およびセルラー IoT アプリケーションをカバーし、Thread および Matter 対応の製品に最適化されています。

Matter 標準を実装し、スマートホーム産業で迅速に勢いを得る企業をサポートするために、Nordic Semiconductor は Matter 製品開発を加速させる包括的なソリューションスイートを提供しています。

北欧の超低消費電力デバイスに最適化された IoT クラウド サービス

図:nRF Thread Topology Monitor がメッシュ製品開発を簡素化。

nRF Connect SDK は、開発プロセスを効率化するためのツール、ライブラリ、およびコード例を提供する強力なソフトウェア開発キットです。追加の無料リソースにはウェビナー、チュートリアル、サンプル、およびドキュメンテーションが含まれます。Nordic Semiconductor はまた、テストおよび認証のサポートも提供しています。

Matter デバイスの認証

製品を認証することで、それらが他の Matter デバイスとのシームレスな統合と互換性の要件を満たすことが保証されます。この認証はユーザーエクスペリエンスを向上させ、製品の市場潜在性を拡大します。世界的に有名なテストおよび認証組織である TÜV Rheinland は、包括的な Matter 認証プログラムを提供しています。TUV で製品を認証することで、Matter 準拠を証明し、消費者およびエコシステムパートナーの信頼を得ることができます。

Thread 上の Matter は、異なるメーカーのデバイス間の相互運用性のための堅固な基盤を提供し、スマートホームエコシステム内での安全で効率的なコミュニケーションを可能にしています。

日本企業にとって、現在は Matter のトレンドに参加する絶好の機会だといえるでしょう。日本の主要なテクノロジーカンパニーが、相互運用性、セキュリティ、シンプリシティなどの製品の利点を活かして、市場シェアと消費者マインド拡大が期待されています。

製品に Matter 標準のサポートを追加するには、Nordic Semiconductor か日本のディストリビューターパートナー(加賀デバイス、Avnet、および菱洋エレクトロ)にお問い合わせください。

さらに詳しい製品情報

北欧のニュースレターを購読する

最新情報をゲットしてください! 購読して北欧とIoTの最新情報を入手してください

今すぐ購読する