Welcome to JP site
  1. Home
Nordicセミコンダクターは、無線マルチプロトコルSoCの市場をリードするポートフォリオを提供しています。Nordicの超低消費電力SoCは、お客様の製品にBluetooth LE接続を付加できます。

Bluetooth LE Audio

LE Audio は次世代のBluetoothオーディオであり

主な特長

  • 低消費電力、高品質オーディオ
  • マルチ ストリーミング オーディオ
  • Auracast™ブロードキャストと共有
  • LC3 (Low Complexity Communication Codec)

ソフトウェア

Bluetooth は、オーディオストリーミング向けで最も認識されている無線規格であり、2020 年には推定 11 億台のデバイスが出荷されました。LE Audio と Auracast™ は、イヤフォンを主なアプリケーションとして、この数を増やすことが期待されています。

LE Audio は次世代の Bluetooth オーディオであり、Bluetooth Low Energy を使用したオーディオストリーミングを可能にします。このため新しい使用方法が可能になり、従来の(BR/EDR)オーディオと比較して消費電力を大幅に削減できます。

Bluetooth LE Audio は、消費電力、レイテンシ、帯域幅の性能を向上させるために開発されました。LE Audio 規格と Classic Audio 規格は引き続き共存し、一部の機能は両方でサポートされます。LE Audio は、より広い機能セット、より低い消費電力、より優れた知覚オーディオ品質を持つことになります。

新しいオーディオ アプリケーションを実現する

Nordic は毎日 100 万個以上の Bluetooth LE SoC を出荷しており、Bluetooth LE 市場のリーダーです。Nordic は LE Audio 製品向けの完全なソリューションを提供しています。Nordic の nRF5340 は、LE Audio の全ての要件を満たすように設計された、パワフルなデュアルコア SoC です。LE Audio 製品の設計をご検討されている、またはご質問がある場合、お気軽にお問い合わせください。

LE Audio の新しい機能

LE Audio は音質が向上し、再生時間が延長されただけでなく、新たな機能や機会が盛り込まれました。

マルチストリーム オーディオ

マルチストリーム オーディオを使用すると、1 つのオーディオソースと複数のシンク間で複数のオーディオストリーミングが可能です。これらのストリームを高度に同期できます(10µs 程度)。複数のデバイスが 1 つのデバイスとして扱われる、協調デバイスセットを作成することができます。例えば、True ワイヤレス イヤフォンを 1 つのオーディオソースに接続でき、片方のイヤフォンでデータを中継する必要はありません。

  • アイソクロナス チャンネル

LE Audio は、アイソクロナス チャンネルを設計要件として開発されました。True ワイヤレス イヤフォンのような一部のアプリケーションは、Classic Audio では実装が困難でした。通常、ソースからのデータを片方のイヤホンに中継するように設計されていました。ステレオストリームはモノラルに分割され、片方のイヤホンからもう一方のイヤホンに送信されます。多くの場合、これはより大きなレイテンシと消費電力の増加を意味しました。Classic Audio では実装が困難であった機能が、LE Audio では最初から組み込まれています。LE Audio は、この使用例そして同様の使用例に大きな改善をもたらします。

Auracast™ ブロードキャストおよび共有

  • Auracast™

LE Audio はブロードキャスト オーディオを追加し、オーディオ ソース デバイスが 1 つまた複数のオーディオ ストリームを無制限のオーディオ シンク デバイスにブロードキャストできるようにします。ブロードキャスト オーディオは、パワフルな新機能である Auracast™ ブロードキャスト オーディオの実現を含め、革新のための重要で新しい機会を提供します。Auracast™ ブロードキャスト オーディオは、Audio Sharing に代わる新しいコンシューマ ブランドです。

  • Personal Audio Sharing

ブロードキャスト オーディオを使用すると、1 つまたは複数のオーディオストリームを無制限の数のデバイスにブロードキャストできます。これにより、Personal Audio Sharing のようなアプリケーションが可能となります。例えば、スマートフォンやタブレットからのオーディオ ストリームを、近くにいる他のユーザーのヘッドフォンと共有できます。

LC3 (Low Complexity Communication Codec)

Classic Audio で使われている SBC (Low Complexity Subband Codec)は、よく知られている定評のあるコーデックですが、かなり古いものです。新しい LC3 は、約半分のデータ量で、さらに高い音質を実現しています。コーデックが複雑でないためレイテンシが小さく、ストレージ要件も最小限です。音声品質を損なうことなく、ビットレートを従来より低減することが可能です。LC3 は、Bluetooth Classic Audio 用にも、オプションのコーデックとして利用可能になる予定です。

LE Audio の始まり

2014 年に補聴器に Bluetooth が導入されたことは、補聴器の最大の進歩の 1 つでした。

Bluetooth Classic を使用して、スマートフォンやタブレット等のデバイスから Bluetooth オーディオ信号を補聴器に直接ストリーミングできました。そのメリットは大きかったものの、補聴器に Bluetooth を積極的に使用すると、補聴器の電池寿命が極端に短くなったのです。

Bluetooth LE Audio の開発にあたり、Bluetooth SIG は補聴器業界と密接に協力しました。LE Audio は、約半分の消費電力で、さらに高い音質を実現しています。1 セットの補聴器に複数のデバイスを接続できる等の新機能に加えて、Bluetooth LE Audio による省電力化は、補聴器業界におけるもう 1 つの大きな進歩でした。

開発事例

Nordic のシステムオンチップとソリューションがモノのインターネットにどのように広く影響を与えているかを学びましょう

お問い合わせ