Welcome to JP site
  1. Home
2.4 GHzの独自開発では、Bluetoothのような規格を採用した場合の相互運用性は得られませんが、通信リンクの両端をカスタマイズすることで最大効率が得られます。

2.4 GHz Proprietary

柔軟でシンプルな2.4 GHz

主な特長

  • 最大1.3 Mbps
  • Gazell proprietary 2.4 GHz protocol

ソフトウェア

完全に制御したいとき

思い通りに動くアプリケーションを設計する

オーダーメイドの 2.4 GHz ワイヤレス開発

低レイテンシ、パケットサイズの縮小、特殊なプロトコルのふるまい等の理由で、無線リンクを完全に制御することが必要な場合があります。

nRF52 および nRF51 シリーズ無線 SoC は、すべて 2.4 GHz 独自規格の開発をサポートしています。マルチプロトコル無線 SoC は、Bluetooth Low Energy の同時動作をサポートします。アプリケーションが必要とする場合、別のプロトコルの同時動作もサポートします。2.4 GHz の独自開発では、Bluetooth のような規格を採用した場合の相互運用性は得られませんが、通信リンクの両端をカスタマイズすることで最大効率が得られます。

nRF Connect SDKは 2.4 GHz 独自規格の開発のための各種リソースを提供しています。また、Nordic 独自の Gazell 2.4 GHz プロトコルも含みます。

独自規格 2.4 GHz RF 特長の比較

 

ESB

GAZELL

周波数アジャイル

No

Yes

スループット

最大1.3 Mbps

230 kbps (双方向)

ペアリング オプション

No

Yes

設定変更可能なTX

Yes

Yes

同期通信

No

Yes

自動ACK

Yes

Yes

開発事例

Nordic のシステムオンチップとソリューションがモノのインターネットにどのように広く影響を与えているかを学びましょう

お問い合わせ