Welcome to JP site
  1. Home
KNX IoTは、IoTの力と柔軟性でKNX規格の機能を拡張します。

KNX IoT

ビル オートメーション用のThread

主な特長

  • IPベース
  • IoTデバイスやクラウドベースのサービスと統合
  • 費用対効果

開発ツール

ソフトウェア

KNX IoTは、IoT の力と柔軟性でKNX規格の機能を拡張します。 その結果、KNX デバイスを IoT デバイスやクラウドベースのサービスと統合でき、先進のスマートビル オートメーション システムの構築が可能になります。 KNX IoT を使用すると、デバイスは IP ネットワークを介して通信できるため、デバイスの接続と制御方法の柔軟性が向上します。KNX 協会は、IPv6 と Thread を介した KNX デバイス間の接続を可能にする KNX IoT Point API のオープンソース実装を提供しています。Nordic では、KNX IoT をnRF Connect SDKnRF52840 SoC、nRF5340 SoC と動作するように統合しました。

KNX IoT の利点

  • IP ベースの技術

KNX IoT は、IT 機器や一般的な IP ベースの物理的輸送機器と連携し、IP ベースで、IT ネットワーク上で利用でき、安全性、信頼性、将来性を考慮して設計されています。

  • 相互運用性と柔軟性

KNX IoT は、既存の KNX 技術との相互運用性を保証し、オートメーション プロジェクトのセットアップにおいて無限の柔軟性と個別化を提供します。これにより、メーカーが異なる機器同士が通信できます。

  • セキュリティと使いやすさ

KNX IoT は、安全で信頼性の高いシステムを提供します。セキュリティをシンプルにし、迅速で容易なインストールプロセスを提供します。また、ETS Inside 等のツールを使用するとユーザーが小変更を自分で行うことができ、ユーザーとエキスパート双方の時間を節約できます。

  • データアクセスを容易にする

KNX IoT は、IoT データと情報をより簡単に理解できるようにし、IoT 内のデバイスを特定できるようにし、KNX メンバーがデータにさらに意味を付加できる「サードパーティ API」と呼ばれる新しい、規格化された KNX IoT インターフェイスを提供します。

  • クラウドの統合と費用対効果

KNX IoT はクラウド アプリケーションをサポートし、必要に応じた情報のサブスクリプションを可能にし、クラウドへのデータ転送の数を最小限に抑え、コストを削減します。サードパーティ API は最先端の IT セキュリティも提供します。

KNX IoT は、IP ベースの技術、相互運用性、セキュリティ、柔軟性、使いやすさを提供し、スマートホームやスマート ビルディングにとって重要なソリューションとなっています。

KNX IoT アプリケーションの開発方法

上位システムや(KNX をサードパーティ製の非 KNX デバイスに接続する)統合プラットフォーム経由で KNX デバイスからデータを取得する場合、KNX プロトコルを知らなくても、メーカーに依存しない規格化された RESTful API 経由で以下のデータにアクセスできます:

  • 設置場所(部屋)はどこか
  • どの機能(照明、暖房/冷房等)が場所に影響を与えるか
  • その機能に関連したデータは何か
  • 装置が物理的に設置されているのはどこか

詳細は営業担当にお問い合わせください。

KNX IoT における Nordic セミコンダクターの役割

Nordic セミコンダクターはマルチプロトコル SoC のリーディング プロバイダーです。IoT の全基盤技術をサポートするという Nordic のコミットメントが、特に小型、低消費電力の組み込みデバイス向けに開発された KNX IoT 仕様と関連オープンソース ソフトウェア スタックの採用につながりました。

Nordic は IoT の導入における相互運用性、効率性、セキュリティの重要性を理解しています。そのため、IPv6 ベースの低消費電力・低レイテンシのメッシュ ネットワーク プロトコルである Thread の開発に積極的に参加してきました。Thread は、特に IoT 環境全体で信頼性の高い相互運用性と共存を確保するために設計されています。

KNX 協会への参加を通して、信頼性が高く、効率的でセキュアなソリューションを提供する Nordic の取り組みを強化してきました。Nordic は 2016 年に OpenThread プロジェクトが発足して以来、Thread 技術の最前線に立っており、OpenThread スタックの量産サポートを提供した最初の半導体企業であることに大きな誇りを持っています。次のステップとして、急速に進化している KNX IoT 領域向けに実用サンプルを製造します。

KNX IoT における接続性、相互運用性、革新性の限界を押し広げ続けるエキサイティングな旅に、ぜひご参加ください。Nordic セミコンダクターのマルチプロトコル SoC ソリューションを使用することで、拡大を続ける市場のニーズに応える、信頼性と効率の高い Thread 製品を自信を持って設計できます。

開発事例

Nordic のシステムオンチップとソリューションがモノのインターネットにどのように広く影響を与えているかを学びましょう

お問い合わせ