Welcome to JP site
  1. Home
  2. モノのインターネットプロトコル

    Cellular IoT (LTE-M and NB-IoT)

Nordicセミコンダクターは、IoT開発者に最先端のシリコン製品を提供することに焦点を当て、最も包括的なIoTソリューションに確実にアクセスできるようにするための最新技術を提供する、セルラーIoTソリューションにおける世界トップのプロバイダーです。

Cellular IoT (LTE-M and NB-IoT)

完全に統合されたセルラーIoTソリューション

完全なセルラー IoT ソリューション

低消費電力のセルラー接続で製品を強化: 必要なものは全て揃っています!

セルラー IoT の設計はこれまで、ホスト MCU、RF フロントエンド、セルラー モジュール、GNSS モジュール、セキュア エレメント、MIC 等、さまざまなベンダーからさまざまな部品を調達するという、ばらばらに断片化した経験でした。このように断片化されたソリューションの所有権は、製品の開発者にさまざまな課題とリスクをもたらし、多くの場合、コスト、性能、消費電力に関して多くのトレードオフを必要とする、最適とは言えない実装につながります。

Nordic の目標は、セルラー製品の開発を合理化し、製品ライフサイクル全体をサポートすることです。そのため Nordic は、セルラー製品を構成するさまざまな要素をすべて統合し、総合的なソリューションとして提供しています。つまり、ハードウェア、ソフトウェア、ツール類、クラウドサービス、世界トップクラスのサポートを含む、Nordic が完全に所有・管理するソリューションです。

蜂窝物联网

Nordic のワンストップセルラー IoT ソリューションをご覧ください

LTE-M

低消費電力、モビリティ、低レンテンシ

LTE-M (別名 Cat-M1)は中程度のスループットが必要な、低消費電力アプリケーション向けに設計されました。通常の LTE が 20 MHz であるのに対し、1.4 MHz と帯域幅が狭いため、レンジは長くなりますが、スループットは下がります。スループットはアップリンク 375 kbps とダウンリンク 300 kbps です。IP を実行するアプリケーションにおけるスループットは約 100 kbps です。TCP/TLS エンドツーエンドのセキュアな接続に適しています。通常の LTE と同じセルハンドオーバー機能を使用して、モビリティは完全にサポートしています。現在、LTE-M でローミングすることが可能です。つまり、複数の地域で動作するアプリケーションに適しています。レイテンシはミリ秒レベルです。このため、タイミングがクリティカルなアプリケーションにリアルタイム通信を提供できます。

LTE-M は、資産追跡、ウェアラブル、医療、POS、ホームセキュリティ等の、低消費電力、低レイテンシ、モビリティ、中程度のスループットを必要とするアプリケーションに最適です。

NB-IoT

低消費電力、レンジ、適応性

NB-IoT(別名 Cat-NB1)は、従来の LTE 物理層を利用しないナローバンド技術規格ですが、LTE バンド内またはその前後で動作し、他の LTE デバイスと共存するように設計されました。帯域幅は 200 kHz で、LTE-M や通常の LTE と比較して長いレンジ、低いスループットが特徴です。スループットはアップリンクが 60 kbps、ダウンリンクが 30 kbps です。静的でスループット要件が低い、低消費電力のアプリケーションに適しています。3GPP リリース 14 で Cat-NB2 が導入されたため、ネットワークがサポートしている場合、アップリンクで 169 kbps、ダウンリンクで 127 kbps のスループットを達成できます。

NB-IoT は、スマートメータ、スマート農業、スマートシティ アプリケーション等、スループットは低くても構わないが低消費電力と長距離通信を必要とする静的なアプリケーションに最適です。また、LTE-M と比較して地下室や屋内駐車場への浸透性に優れています。

LTE-M と NB-IoT の主な特長の比較

 

LTE-M

NB-IoT

別名

eMTC、LTE Cat-M1

LTE Cat-NB1 (3GPP rel 13)
LTE Cat-NB2 (3GPP rel 14)

最大スループット(DL/UL)

300/375 kbps

30/60 kbps (NB1)
127/169 kbps (NB2)

レンジ

最大4倍

最大7倍

モビリティ/セルの再選択

Yes

限定的

周波数展開

LTEインバンド

LTEインバンド、ガードバンド、GSMの再利用

展開密度

セルあたり最大50,000

セルあたり最大50,000

モジュール サイズ

ウェアラブルに好適

ウェアラブルに好適

電力消費

最大10年のバッテリ寿命

最大10年のバッテリ寿命

電力効率

革命的な電力効率

電力効率は、セルラー IoT 技術のカギです。LTE-M と NB-IoT はどちらも、デバイスを何年もバッテリで動作させることを前提に設計されています。これは、さまざまなテクニックを駆使することで達成されています。データスループットは通常の LTE よりも低く、わずかに単純化された変調方式と複雑さが少ない無線により、電力消費を削減できます。しかし、他の低消費電力通信技術と同様、本当のカギは、スリープ、復帰、通信イベントを効果的かつ効率的に管理することです。

LTE-M と NB-IoT の省電力機能には、2 つの革新的省電力技術が大きく貢献しています。eDRX (Extended Discontinuous Reception)と PSM (Power Saving Mode)です。eDRX と PSM は調和して動作し、何か月・何年ものバッテリ動作を可能にします。

LTE は、通常 1.28 秒のページング サイクルを使用します。ページング サイクルとは、データ交換のためにネットワークがデバイスと通信できる時間のウィンドウです。ページングウィンドウ間の休止期間はハイパーフレームと呼びます。eDRX の利点は、デバイスが次のページング ウィンドウのアクティビティのために復帰する前に、10.24 秒ごとの周期で N 個(40 以上)のハイパーフレームを発生させられることです。こうすることで、デバイスは非常に効率的かつ同期した方法でスリープと通信を行えます。

PSM モードでは、デバイスはディープスリープ モードに入れます。この長さは、必要に応じて 1 時間でも、1 日でも、数週間でも可能です。例えば農業の灌漑システムのようにリアルタイムの情報が不要で、通信頻度がごく低いアプリケーションの場合、PSM を使うと非常に省電力化することができます。これにより、単三電池サイズのリチウム電池数個で、最大 10 年間動作できます。

nRF91 シリーズは、eDRX と PSM を含む LTE-M および NB-IoT がサポートする全ての省電力機能を最大限活用するように最適化されています。

Cellular IoT Power Consumption

これらの機能に加えて、3GPP リリース 14 では、AS-RAI (Release Assistant Indication for Access Stratum)のサポートが導入されました。これは、デバイスがデータ送信直後にアイドルモードに入ることを可能にする省電力機能で、データ送信の消費電力を半分以下に低減できます。

サービス品質

信頼性の高い接続を実現

LPWAN (Low-Power Wide Area Network)の領域に関しては、セルラー ネットワークは他の技術より優れた性能を備えています。その卓越した信頼性の秘密は、ライセンスバンドで動作することです。これは大きな要素です。これらのバンドのライセンスを取得することには、しばしば数十億ドル規模の大きな投資が伴います。これらのバンドのライセンスを取得することで、機器間の干渉による電力のムダを抑えつつ、バンド内での通信の性能と信頼性を確保できます。

セルラー ネットワークの決定的な特長の 1 つは、非常に高いサービス品質(QoS)を提供するという揺るぎないコミットメントです。既知で管理可能な数の接続では、セルラー ネットワークは優先順位を付けて対応するように設計されています。対照的に、非ライセンスバンドではそのような保証が存在せず、誰でも利用できます。一貫した性能と高い信頼性を確保するという点では、ライセンス セルラー ネットワークが LPWAN の明白な勝者です。

ライセンス セルラー ネットワークの力を活用することで、接続要件を確実に満たせます。QoS が保証されているため、重大なアプリケーション、機密データの転送、ミッション クリティカルな動作が完全に実行されます。セルラー ネットワークを使用することで、非ライセンス バンドとは比較にならない信頼性と性能が手に入ります。

展開密度とカバレッジ

展開密度とシームレスなカバレッジの力を解き放つ

既存の 4G セルラー ネットワークは既に整備されており、世界中の都市でセルタワーのインフラが整っているため、高密度のカバレッジを確保しています。さらに、ほとんどの国ではほぼ国土全体のカバレッジを達成しています。セルラー技術は、この驚くべき基盤により、インフラに関する要件は最小限でありながら、大規模の展開に理想的な選択肢です。

LTE-M と NB-IoT の登場はさらなる利点をもたらしました。スペクトル効率を優先した設計です。効率の高さ、そして代表的な使用法では通信量が少なく頻度も低いことから、これらの技術を利用することにより、一つの基地局で何万台ものデバイスの接続が可能です。セルタワーには通常複数の基地局をホスティングしており、大規模展開の可能性を高めています。

この相乗効果により、高い展開密度が可能となり、さまざまな業界や領域においてセルラー IoT デバイスのシームレスな拡散が可能となります。セルラー インフラは無数のデバイスの接続というニーズに対応する準備が整っており、かつてない規模で IoT ソリューションをシームレスに統合・管理できます。

クラス最高のセキュリティ

徹底的なセキュリティ規格を定める

LPWAN におけるセキュリティ対策に関しては、LTE ネットワークは最高のセキュリティを標準として提供します。デバイスレベルでは、SIM カードまたは UICC (Universal Integrated Circuit Card)が極めて重要な要素です。SIM のハードウェアに組み込まれたこのセキュア エレメントは明確な識別子を持ち、セルラーサービスの契約に対する認証を保証し、無線データを暗号化するものです。このような堅牢な対策により、通信の完全性を保護します。

LTE の領域では、インターネットの言語とも言うべき TCP/IP および UDP を使用して通信を行います。その結果、現在使用されている最高レベルのセキュリティ対策を継承することになります。データ トランザクションを保護する最前線にあるのは、TLS (ransport Layer Security)と DTLS (Datagram Transport Layer Security )で、セキュアな暗号化と認証プロトコルで情報を保護する最先端のメカニズムです。

デバイスの完全性を強化するため、nRF91 シリーズには、他にも最先端のセキュリティ対策が組み込まれています。Arm TrustZone と Arm CryptoCell により、デバイスは安全で信頼できる動作、そして先進の鍵生成と保存機能が得られます。セキュリティのこれらの層が一体となって、デバイスと送信データを保護します。

接続されたコンピュータのセキュリティを維持するためアップデートが重要であるのと同様、接続されたデバイスは FOTA (firmware updates over-the-air)が可能であることが必要です。この機能により、展開後に発見されたセキュリティの脆弱性は、それが規格に関連するものであれ、実装に関連するものであれ、迅速に対処できます。最高レベルのセキュリティを確保しながら、長期にわたってデバイスの性能を最適化し、新機能をシームレスに導入できます。これは、nRF Cloud FOTA サービスを使用することで実現できます。

nRF Cloud セキュリティサービスは、お客様が安全な ID およびプロビジョニングと一緒に使用できる、追加のセキュリティ対策です。これら 2 つのサービスを利用することにより、サプライチェーンおよび生産工程の全段階で Nordic のデバイスを認証でき、それにより顧客の知的財産を保護し、偽造を防ぐことができます。セキュア プロビジョニングは、顧客固有の構成を無線で安全にプロビジョニングすることで、提供プロセスを合理化し、柔軟な展開とグローバルな拡張性を容易にします。

Nordic はさまざまなセキュリティ機能を提供し、大手セキュリティ プロバイダーと提携して、総合的なエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを提供しています。

セルラー IoT を選ぶ理由

IoT アプリケーションに最適な低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)技術を評価する際には、技術仕様だけでなく、現実世界の性能に大きく関わる様々な要因を考慮することが重要です。これらが、LoRaWAN、Sigfox、Wi-SUN 等の LPWAN ではなく、(NB-IoT と LTE-M で構成される)セルラー IoT が IoT プロジェクトに適している重要な理由です。

ライセンス対非ライセンスバンド: セルラー IoT は、既存のグローバルインフラを活用するライセンスバンドで動作します。サブスクリプション料金はかかりますが、広いカバレッジ、スケーラビリティ、サービス品質、信頼性、セキュリティが保証されています。これにより、免許不要の周波数帯域で動作する他の LPWAN 技術の場合に必要な、インフラを展開・維持する必要がなく、IoT 製品の開発に集中できます。

データレートと堅牢性: LPWAN 技術は通常、送受信するデータ量が多くないデバイスに使用されるため、多くはそのような使用状況に対して最適化されています。ただし、リモートファームウェアの更新等、運用によっては高データレートの恩恵を受けることがあります。これが、セルラー IoT が優れている点です。すなわち、低頻度のデータ送信だけでなく、必要に応じて集中したデータバーストにも対応できるということです。

**消費電力: ** NB-IoT および LTE-M 技術は、低消費電力・大規模なマシン型通信アプリケーションを実現するために開発されました。他の LPWAN 技術は、理論上は優れて見えるかもしれませんが、実際の使用状況や各種要因に大きく影響され、データレートで劣ることが多くあります。セルラー IoT であれば、消費電力とデータレートの間で妥協する必要がなく、低消費電力と高データレートを得られます。

ライフタイム コスト: LPWAN 技術の初期コストは魅力的に見えるかもしれません。しかし、実際の使用状況におけるライフタイム コスト全体(展開、データ伝送、ファームウェアの更新、追加インフラのセットアップと保守等)を評価することが極めて重要です。採用する技術によって大きく差が出る可能性があります。セルラー IoT には定額料金からデータ量に応じた支払いまで、さまざまな接続モデルがあるため、コストが予測でき、またインフラの保守に関連する心配もありません。

将来性: LTE-M と NB-IoT は、これらの技術を利用したデバイスの代表的寿命が 10 年以上あるため 2040 年まで、そしてそれ以降もサポートされることが予想されています。事業者に対するサブスクリプションは、デバイスの寿命を通して安定した、良好に保守されたネットワークが利用できるという保険としても機能します。他の LPWAN 技術の場合、インフラが突然利用できなくなり、そのためお客様のデバイスが接続できなくなる可能性があります。その場合、お客様の事業自体がが危険に曝されてしまいます。

nRF91 シリーズの主な利点

IoT アプリケーションに最適な低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)技術を評価する際には、技術仕様だけでなく、現実世界の性能に大きく関わる様々な要因を考慮することが重要です。これらが、LoRaWAN、Sigfox、Wi-SUN 等の LPWAN ではなく、(NB-IoT と LTE-M で構成される)セルラー IoT が IoT プロジェクトに適している重要な理由です。

セルラー IoT における nRF91 シリーズの利点

統合: nRF9160 SiPnRF9161 SiPでは 10x16mm、nRF9151 SiPでは 11x12mm、nRF9131 mini SiPでは 7x11mm という小さな SiP に、すべての関連部品を実装した完全な通信およびアプリケーション モジュールを設計することで、これまでになかった統合度を実現しました。これにより、2.5 g という驚異的な軽さの太陽電池駆動のアニマル トラッカー等、競合ソリューションでは不可能な、コスト効率が高くコンパクトな設計が可能です。

低消費電力: 製品の消費電力というものは、データシートの何点かのデータ点ではなく、動作中の平均消費電力により決まります。nRF91 シリーズは、どんなネットワーク条件でも最高の電力効率を実現するためにゼロから設計されました。このため、太陽光のみで永続的に動作できる、世界初のバッテリレス セルラー IoT 資産トラッカーのような、画期的な製品を実現することが可能になりました。

使いやすさ: 豊富に揃ったドキュメント、優れたソフトウェア開発キットサポート、柔軟なハードウェア、パワフルな開発ツールにより、迅速かつ容易な開発が可能です。これにより、アプリケーションに求められる性能と消費電力目標を達成する一方で、開発期間とリソースを大幅に節約できます。

グローバル認証: 全ての主要地域および主要事業者での運用が認証済みのため、地域固有の部品の複雑な BOM やサプライチェーンが不要で、容易に製品を世界中に展開できます。

データシートでは分からない電力消費量

総平均消費電流に対して最適化済み: PSM フロア電流の次のステップへ

セルラーソリューションを評価する場合、様々な要因が消費電力に影響を与えるため、いくつかの仕様点だけに注目しないことが重要です。省電力モード(PSM)のフロア電流の場合、この基準だけに基づいて結論を出すと、デバイスの電力効率について誤った評価を下す危険があります。PSM フロア電流が小さい場合、RAM 内容の保持、時には GPIO の保持に失敗する等の不具合が発生することがあります。これは、セルラー動作における大幅な電力消費のオーバーヘッドにつながり、結果としてデバイスの消費電流の平均値は大きくなります。さらに、従来のセルラーデバイスはホスト MCU を必要とします。これはシステム全体の消費電力を増大させます。Nordic では、使いやすい開発ツールを提供しています。これらを使用すると、容易に消費電力を推定・計測できます。

さまざまな PSM 間隔を使用したデータ交換の例を見てみましょう。Module X の PSM フロア電流は nRF9160 より 50%低いですが、PSM 間隔が長い場合でも nRF9160 の平均消費電流は 1/7 です。これは、Module X が復帰に要する電力量が nRF9160 よりもはるかに大きく、総電力消費において PSM フロアよりも大きなフットプリントであるためです。

蜂窝物联网低功耗技术

*Module X で同等の外付け MCU を使用し、スリープ電流が 14μA の場合(RAM 保持を行う)の計算

これが意味するのは、最終製品におけるバッテリサイズとコストの削減です。今日市場に存在するどのセルラーデバイスよりも低コストでコンパクトな設計を実現できます。Devzone のブログ記事「セルラー IoT におけるバッテリー寿命の最大化: eDRX、PSM、AS-RAI の分析」では、セルラー IoT アプリケーションにおけるバッテリー寿命の最大化について深く掘り下げています。

ユニークな機能

  • 位置情報サービス

nRF Cloud

位置情報サービスは、デバイスが正確・迅速・効率的に自己位置を特定するための鍵です。Nordic のシングルセル(SCELL)、マルチセル(MCELL)、アシスト型 GPS (A-GPS)、予測 GPS (P-GPS)、Wi-Fi 位置情報機能を利用することにより、デバイスは正確な位置情報をクラウドに送信する一方で、より長期間フィールドで動作できます。

定位服务

  • プラットフォーム セキュリティ アーキテクチャ(PSA)

いち早く PSA 認証を取得

nRF9160 SiP は、PSA 認証スキームでレベル 1 の PSA 認証を取得した最初のソリューションの一つでした。

今では、nRF9160 SiP はレベル 2 の PSA 認証を取得済みです。

詳細は、nRF9160 SiP PSA 認証ニュースリリースをご覧ください。

  • セルラー IoT 接続

現実の IoT の課題を解決するモデム ファームウェアの特長

Nordic セミコンダクターでは、全てのデバイスで超低消費電力の限界を押し広げることに専念しています。Nordic では、性能の向上、消費電力の低減、セルラー IoT アプリケーションが直面する課題への対処に焦点を当てた革新的な機能により、ファームウェアを継続的に強化しています。Nordic のモデムには、最終製品の性能を向上させるために設計された各種の先進機能が組み込まれています。優れた結果をもたらす革新的な特長の例を紹介します。

ソフトウェア SIM のサポート

nRF91 シリーズは、アプリケーション プロセッサ上で安全に動作するソフトウェア SIM をサポートしています。Onomondo は SoftSIM ソリューションの最初のパートナーです。この革新的な技術は、SIM および BOM コストの削減、シンプルな設計プロセス、消費電力の低減等、多くの利点をもたらします。SoftSIM では物理的な SIM カードと SIM ソケットが不要です。このため、合理化されたコンパクトな最終製品の設計が可能です。詳細は、ニュースリリース「Nordic セミコンダクターと Onomondo が低消費電力セルラー IoT に世界初のソフトウェア SIM を実装」をご覧ください。また、ソフトウェア SIM を使う事による消費電力の改善を紹介するデモを収めた nRF Connect SDK 2.5.0 のウェビナーをご覧ください。

支持软件 SIM 卡

ローミング デバイスの省電力モード(PSM)

これは、ローミング SIM カード等、通常の PSM の使用がサポートされていないネットワーク環境でも、PSM のようなスリープモードを可能にするため、セルラー IoT の世界的な展開にとって革新的な機能です。Nordic のシステムは、省電力モードへの遷移をスムーズに処理するようにインテリジェントに設計されているため、強引にシャットダウンする必要がなく、消費電力の点で優れたメリットが得られます。

このモードがアクティブになると、ネットワークから利用可能な場合はシームレスに通常の PSM に切り替わり、常に最適な省電力機能を確保します。

适用于漫游设备的省电模式 (PSM)

接続の事前評価

Nordic のモデムの事前評価機能による優れた電源管理接続とデータ送信の前に、Nordic のモデムはデータ送信時に使用するであろう推定消費電力を評価し、推定カテゴリ(Excellent、Good、Normal、Poor、Bad Conditions)と生パラメータ(無線リンク品質、RSRP、RSRQ、SNR、CE レベル、TX 出力、繰り返し、経路損失等)という形で貴重な洞察を提供します。

蜂窝物联网低功耗连接预评估

セルのダウンリンクの無線環境を分析することで、データ送信の電力効率を確保するため、アプリケーションがデータを送信するかどうか決定できます。この機能はLTE リンク コントローラ ライブラリまたは AT コマンド%CONEVALから利用できます。利用法の詳細は、電力量見積もりガイドラインを参照してください。

改善された NB-IoT 接続管理

NB-IoT デバイスにとって、基地局間の移動は分断的で電力を大きく消費する動作です。Nordic のモデムのファームウェアは NB-IoT デバイスの移動をサポートし、別の基地局に移動する際の総電力消費量を低減します。

改进的 NB-IoT 连接管理

逆に、NB-IoT デバイスが移動しない場合(ユーティリティ メーター等)、基地局の切り替えは望ましくありません。ところが、最も近い基地局へのリンク品質が一時的に低下すると、切り替えが生じてしまうことがあります。Nordic の移動抑止サポート機能を使うと、デバイスは同じ基地局に接続したままとなり、別の基地局への切り替えによる電力消費を防ぐことができます。

改进的 NB-IoT 连接管理

国別の検索最適化

Nordic の、国固有の検索最適化機能を使うと、新しい地域に移動したり、セルラーデバイスを新しい場所に展開したりするときに、ネットワーク選択がシームレスになります。Nordic のモデムは、モバイル国コード、バンド、無線周波数チャンネル番号、LTE-M/NB-IoT などの重要な情報を優先順位付けされたリストに保存することで、より迅速なネットワーク選択を可能にしています。Nordic 独自の%XCOUNTRYDATA コマンドを使用すると、検索パラメータを国ごとに設定できます。これにより、馴染みのない場所でのネットワーク選択が迅速になります。必要に応じて、Nordic のモデムはサービスの可用性を確かめるために完全検索を実行します。ご安心ください。Nordic の機能は 3GPP TS23.122 で定義されている 3GPP ネットワーク選択ルールに準拠しており、信頼性が高く効率的なネットワーク接続を保証します。

モデム ドメイン イベント通知

Nordic の包括的なモデム ドメイン イベント通知機能で、モデムのパフォーマンスを制御しましょう。「SEARCH STATUS 1」、「SEARCH STATUS 2」、「RESET LOOP」、「ME OVERHEATED」、「ME BATTERY LOW」等の重要なイベントのアラートを遅延なく受け取りましょう。これらの通知は、特に「軽い検索」SEARCH STATUS 1)後の意思決定に重要です。ここではモデムがインテリジェントなネットワーク選択アルゴリズムを利用します。これらの通知を使用することで、電力消費を最適化し、過熱を防ぎ、中断のない接続を確保できます。LET リンク コントローラ ライブラリまたは AT コマンド%MDMEV を介した Nordic のモデム ドメイン イベント通知機能により、モデムのふるまいに関して貴重な洞察を得て、情報に基づいた決定を行うことができます。

完璧なコンパニオン

お客様のセルラー アプリケーションを Nordic の nPM ファミリ PMIC、nRF70 Wi-Fi コンパニオン IC、マルチプロトコル SoC、nRF Cloud Services で拡充し、可能性を無限に広げましょう

nRF91 シリーズデバイスはセルラーおよび DECT NR+接続用の優れたソリューションです。しかし、アプリケーションで Bluetooth Low Energy や Matter アプリケーションなどのショートレンジ デバイスと接続する機能が必要な場合、SSID ベースの Wi-Fi 位置情報機能を活用して測位機能を強化する場合、充電式バッテリと組み合わせるバッテリ監視用の残量ゲージを備えた低消費電力 PMIC が必要な場合、Nordic は完璧なコンパニオンデバイスを提供できます。nRF Connect SDK により、Nordic の包括的な製品ラインアップから各種部品をシームレスに統合することで、一元化されたサポートと供給の利便性を享受しながら、容易に機能を組み合わせることができます。

  • PMIC と nRF91 シリーズ

nPM1300 電源管理 IC(PMIC)は、充電式電池を利用する nRF91 シリーズに最適な PMIC です。この多用途 PMIC は、正確なバッテリ監視のための低消費電力残量ゲージ、信頼性の高いシステムリセットのための外付けウォッチドッグタイマ、より多い GPIO、3 つの追加 LED サポート等、さまざまな優れた機能を提供します。nPM1300 PMIC と nRF91 シリーズデバイスを使用すると、電力管理を最適化し、バッテリ寿命に関するリアルタイムの情報を取得し、システムの信頼性を確保し、セルラー IoT アプリケーションの機能を強化できます。これらのパワフルな製品を組み合わせることにより、あなたの製品の可能性を最大限に発揮できます。

  • SSID Wi-Fi の位置情報と nRF91 シリーズ

nRF70 シリーズは、SSID ベースの Wi-Fi 位置情報機能を搭載しており、屋内外に設置されたデバイスの位置情報データを小さい消費電力で取得するための、非常に効果的な方法を提供します。nRF70 シリーズデバイスと nRF91 シリーズデバイスを組み合わせることで、最適化された nRF Cloud 位置情報サービスを利用するアプリケーションで、オプションの位置情報サービスを数多く利用できます。必要な精度と消費電力の要件に応じて、アシスト型 GPS、予測 GPS、マルチセル、シングルセル、SSID Wi-Fi ベースの位置情報サービスを組み合わせて使用できます。

  • マルチプロトコル SoC と nRF91 シリーズ

nRF52、nRF53、最新の nRF54 シリーズで構成される Nordic のマルチプロトコル SoC は、セルラー アプリケーションに短距離通信技術をシームレスに統合するにあたり、比類のない機能を提供します。Bluetooth Low Energy、Thread、Zigbee、Matter、いずれの場合でも、これらのデバイスは非常に優れた選択となります。信頼性と性能で有名なこれらの製品は、様々な短距離プロトコルによる通信を必要とするセルラー アプリケーションを向上させる、信頼できるソリューションです。さらに、これらのデバイスは、ファームウェアの OTA アップデートで機能を追加することで、最終製品に将来を見据えた柔軟性を実現します。

  • nRF Cloud と nRF91 シリーズ

nRF91 シリーズ専用にカスタマイズされた究極の IoT サービス プラットフォームである nRF Cloud を体験してください。低消費電力デバイス独特の要件やプロトコルの制約を考慮しない他のクラウド ソリューションとは異なり、nRF Cloud は Nordic のデバイス用に最適化されており、優れた性能と効率を保証します。

nRF Cloud の潜在能力を解き放ち、お客様のアプリケーションを強化するために設計された最先端のサービスをご利用ください。Nordic による先進の位置情報サービスは、アシスト型 GPS、予測 GPS、マルチセル、シングルセル、SSID Wi-Fi ベースの位置情報など、幅広いオプションを提供しています。消費電力、精度のニーズがどのようなものであれ、Nordic ならサポートできます。

nRF Cloud は CoAP プロトコルもサポートしています。これは、低消費電力デバイス用に設計された UDP ベースのネットワーク プロトコルです。LTE-M でも NB-IoT でも、CoAP はシームレスに統合して優れた結果を提供します。

しかし、それだけではありません。nRF Cloud は一流のセキュリティ サービスとデバイス管理機能を提供し、お客様に最高の安心をお届けします。

完全に統合されたセルラー IoT ソリューション

nRF91 シリーズは、ユーザーが完全にプログラム可能なアプリケーション専用プロセッサとして Arm Cortex-M33 を使用しています。1 MB のフラッシュ、256 kB の RAM、豊富な周辺機能を内蔵しています。LTE 接続と測位機能だけでなく、このシリーズは幅広いアプリケーションをサポートし、セルラー IoT と DECT NR+ (nRF9161、nRF9151、nRF9131)に真のエッジコンピューティングの可能性を提供します。Nordic はオープンソースの nRF Connect SDK(ソフトウェア開発キット)を提供しています。これを使うと、アプリケーション専用プロセッサでカスタム アプリケーションを開発できます。nRF9131 mini SiP は PMIC、受動部品、クリスタルを実装していません。

Nordic nRF91 シリーズデバイスの特長の比較

特長

nRF9160

nRF9161

nRF9151S

nRF9131

CPU

Arm Cortex-M33 @ 64MHz

Arm Cortex-M33 @ 64MHz

Arm Cortex-M33 @ 64MHz

Arm Cortex-M33 @ 64MHz

Flash / RAM

1 MB / 256 KB

1 MB / 256 KB

1 MB / 256 KB

1 MB / 256 KB

Arm Trustzone

✔️

✔️

✔️

✔️

暗号アクセラレータ

Arm Cryptocell 310

Arm Cryptocell 310

Arm Cryptocell 310

Arm Cryptocell 310

PMIC、受動部品、クリスタル内蔵

✔️

✔️

✔️

 

事前認証

✔️

✔️

✔️

 

LTE-M

3GPP rel 13

3GPP rel 14

3GPP rel 14

3GPP rel 14

NB-IoT

3GPP rel 13

3GPP rel 14

3GPP rel 14

3GPP rel 14

DECT NR+

 

✔️

✔️

✔️

認証バンド

1-5, 8, 12, 13, 17-20, 25, 26, 28, 66

1-5, 8, 12, 13, 17-20, 25, 26, 28, 65, 66, 85

1-5, 8, 12, 13, 17-20, 25, 26, 28, 65, 66, 85

1-5, 8, 12, 13, 17-20, 25, 26, 28, 65, 66, 85

周波数

700-2200 MHz

700-2200 MHz (LTE)1.9GHz (NR+)

700-2200 MHz (LTE)1.9GHz (NR+)

700-2200 MHz (LTE)1.9GHz (NR+)

最大送信出力

23 dBm

23 dBm

23 dBm

23 dBm

Power Class 5 20dBm

 

 

✔️

 

電源電圧レンジ

3.0 to 5.5 V

3.0 to 5.5 V

3.0 to 5.5 V

3.0 to 5.5 V (リファレンスデザインに依存)

動作温度

-40 to 85°C

-40 to 85°C

-40 to 85°C

-40 to 85°C

パッケージオプション

10x16x1.04 mm LGA

10x16x1.04 LGA

11x12x1 mm LGA

7x11x0.74 mm LGA

認証

世界中で運用できるように認証済み

nRF91 シリーズの認証

Nordic のテストおよび認証エンジニアチームは、世界中の主な地域で認証を取得し、主要な事業者との相互運用性を保証するため、世界を旅しています。

概要

nRF9160 SiP と nRF9161 SiP は、世界中の重要な地域、ネットワーク、LTE バンドでの運用が認証されています。

nRF9160 と nRF9161 の認証は、それぞれのタブにリストアップしています。主に 4 種類に分かれています:

  • グローバル: GCF と PTCRB は、デバイスが LTE-M または NB-IoT を使用して eNB(基地局)と通信できるように LTE 3GPP 仕様との互換性を保証するグローバル認証です。
  • 規制: 規制上の認証は本質的に地域ごとのものであり、その地域で無線機器を使用するために必要です。
  • MNO(移動体通信事業者): MNO によっては、独自の認証プログラムを持っています。ほとんどの MNO では、GCF と PTCRB 以外の認証は不要です。
  • セキュリティ

セルラー IoT デバイスの認証プロセスの詳細は、こちらをご覧ください。

セルラー IoT アプリケーション

超低消費電力セルラー IoT で無限の可能性を探る

セルラー IoT 技術の出現により、新しいアプリケーションの世界が開きました。さらに、超低消費電力機能が導入されると、潜在的なアプリケーションは指数関数的に成長し、IoT の風景に革命をもたらします。

FOTA (Firmware over-the-air)アップデートは、セルラー IoT の最終製品に適応能力、回復性、将来性を与え、手動の介入なしに大規模なアップデートおよびバグ修正のロールアウトを可能にします。

資産追跡

資産追跡の効率を最大化: nRF91 シリーズのパワーを活用

置き忘れ、破損、盗難による年間数十億ドルの資産の損失を回避するため、信頼性の高い資産追跡は、資産を監視し、位置を特定する低コストソリューションとして浮上しています。ジオフェンシング技術を実装し、資産が指定地理範囲を超えて移動するたびにリアルタイムで通知を受け取り、セキュリティ対策を強化します。資産追跡は、資産の使用状況と労働力管理に関する洞察を提供することにより、生産性の向上を促進します。これにより、企業は速度、距離、走行時間等の主要な指標を監視することができ、労働者のパフォーマンスと車両の使用状況を包括的に把握することができ、最終的にはより多くの情報に基づいた意思決定につながります。

資産追跡は、以下のような多数のユースケースを提供します:

  • 人やペットを追跡するためのウェアラブル: Nordic の小型・低消費電力のソリューションは、病院の従業員、老人ホームの入居者、近所の猫等、装着者の位置追跡を可能にします。
  • 職場の安全: さまざまな作業現場(採鉱、海洋プラットフォーム、建築現場等)で作業員の健康状態や位置を追跡し、事故やその他潜在的に危険な状況が発生した場合に迅速に通知します。
  • パレットの追跡: パレットの位置追跡は資産追跡に可視性を提供し、盗難物の回収や衝撃の検出にも役立ちます。
  • ジオフェンシング: ジオフェンシングを使用すると、仮想境界を設定し、対象デバイスが境界を越えた際に通知を受け取ることができます。
  • 車両追跡: 速度、距離、走行時間などの指標で車両の使用状況を追跡し、労働者のパフォーマンスを把握できます。
  • ポータブル医療機器: ポータブル機器の場所を常に把握することにより、医療行為の効率を向上させます。

資産追跡でセルラー IoT を使う利点:

  • グローバル カバレッジ: 世界中を網羅する既存のセルラー インフラを基礎にしているため、独自のインフラを維持する必要がありません。
  • 将来性: LTE-M と NB-IoT は現在では 5G 技術であり、長期間サポートされます。
  • 長距離: セルラー IoT の代表的なレンジは 11〜15 km で、Nb-IoT は地下のアプリケーションに非常に適しています。
  • 高スループット: セルラー IoT は、競合技術よりも優れたスループットを提供しますが、非常に低消費電力です。
  • 超低消費電力: nRF91 シリーズは、超低消費電力を念頭に置いてゼロから構築されており、非常に長いバッテリ寿命を実現しています。バッテリ自体は高価ではないかもしれませんが、フィールドにおける交換作業は大きなコストがかかります。
  • 既成のアプリケーション: nRF Connect SDK は Asset Tracker v2 アプリケーションを含みます。これは、そのまま使える超低消費電力資産追跡アプリケーションのサンプルです。nRF9160 DK と Thingy:91 で動作します。
  • nRF Cloud サービス: Nordic の nRF Cloud は、消費電力と制度の要件を基に最適なものを選択できるように、複数の位置情報サービスを提供しています。
  • それほど高い精度が必要ない場合、低消費電力の LTE ベースの位置情報サービス(シングルセル、マルチセル)を提供します。
  • GPS の性能(A-GPS、P-GPS)を LET で強化します。
  • nRF70 シリーズを設計に組み込むと、アプリケーションを最適化し、低い消費電力と高い精度を併せ持った、屋内でも良好に動作する SSID ベースの Wi-Fi 測位を実現できます。

スマートシティ

より持続可能な都市環境の創造

スマートシティは、IoT 垂直市場として、魅力的な展望をもたらす利点を幅広く提供します。重要な利点の一つは、効率的な廃棄物管理です。遠隔監視により資源の割り当てを合理化することができ、コストの削減を推進できます。さらに、スマートシティは、駐車場の空き状況データにリアルタイムでアクセスし、最適化された駐車ソリューションを提供します。これにより、燃料消費量の削減、時間の節約、交通渋滞の緩和を実現します。電力効率の高い街路照明は、遠隔監視と制御によって達成されるもう一つの顕著な利点であり、大幅な節電とコスト効率につながります。

最後に、効果的な環境管理は、センサデータの収集と環境の測定により実現できる重要な点です。このデータにより予知保全が可能になります。環境問題を迅速に検出して対処することで、よりクリーンで、安全で、持続可能な都市環境を実現できます。これらの利点は、生活の質を高め、持続可能性を促進し、都市機能を最適化するために、スマートシティ技術を取り入れることの意義を示しています。

スマートシティでセルラー IoT を使う利点:

  • 既存のインフラの活用: セルラー IoT は、ほとんどの都市部で既に展開されている既存のセルラー インフラを利用するため、容易かつ低コストで展開できます。
  • カバレッジ: 都市部では 1 km、農村部では最大 15 km の推定レンジを持つため、セルラー IoT は都市に展開可能であり、また必要なカバレッジを持っています。
  • 将来性: LTE-M と NB-IoT は今や 5G 技術であり、長期間サポートされます。このことは、都市レベルでの展開において重要です。
  • 高スループット: セルラー IoT は、競合技術よりも優れたスループットを提供しますが、非常に低消費電力です。
  • 超低消費電力: nRF91 シリーズは、超低消費電力を念頭に置いてゼロから構築されており、非常に長いバッテリ寿命を実現しています。バッテリ自体は高価ではないかもしれませんが、フィールドにおける交換作業は大きなコストがかかります。

スマートメータ

公共事業インフラの変革: スマートメータの力を活用

公共事業インフラの管理と維持はより複雑になっています。再生可能エネルギ、風力、太陽光、水素のような破壊的技術は、公共事業システムの進化を促し、スマートメータに大きな機会をもたらしています。

スマートメーターは、計量された情報の収集と処理を可能にすることにより、この変革において重要な役割を果たします。スマートメータの利点には以下のようなものがあります:

  • インフラ監視と制御: 公共事業インフラをリアルタイムで監視・制御することにより、ボトルネックと非効率性を特定して対処することにより、リソースの割り当てを最適化し、運用を合理化できます。
  • 業務効率の改善: 手作業による検針をなくし、遠隔設定および診断を可能にします。
  • 情報に基づいた意思決定: スマートメーターは、検診データをエンドユーザーが容易に利用できるようにします。リアルタイムで正確な情報にアクセスすることで、消費者は電力使用量について情報に基づいた意思決定を行うことができ、電力効率と持続可能性を改善することができます。

スマートメータでセルラー IoT を使う利点:

  • 超低消費電力: 非常に長いバッテリ寿命を可能にします。バッテリは高価ではありませんが、それらを交換することには多くの費用がかかります。
  • nRF Cloud サービス: Nordic のクラウドプラットフォームは、FOTA (Firmware-Over-The-Air)サービスを提供しており、展開済みのデバイスを遠隔で更新できます。
  • 既成のアプリケーション: nRF Connect SDK は Serial LTE Modem アプリケーションを含みます。これは、スタンドアロンの LTE モデムをエミュレートできます。また、nRF CoAP クライアントや LwM2M クライアント等、スマートメータ アプリケーションの出発点として優れたサンプルもいくつか提供しています。
  • 自分に合った技術を選択できる: Nordic は LTE-M と NB-IoT を両方サポートしています。NB-IoT は一般的に、屋内への浸透が有利な水道やガスに適しており、LTE-M は低レイテンシが有利な電力計に適しています。今日市場に多く出回っている独自ソリューションではなく、オープン スタンダードという選択肢を提供します。
  • 柔軟な SIM ソリューション: ソフトウェア SIM と e-SIM 両方のソリューションを提供しています。メーターの筐体を閉じたら、開けることはできません。

スマート農業

効率と資源利用の改善

食の嗜好の変化、労働および電力コストの上昇、気候変動によって悪化する環境変化等、農業は新たな課題に直面しています。その解決策はスマート農業にあります。データとネットワーク接続を活用することで、農家は正確な判断を下し、最小限の資源で最大の収穫量を得られます。スマート農業には、以下のような様々なユースケースがあります:

  • 灌漑の監視と制御: 無線監視により灌漑システムの漏水を検出し、遠隔操作で供給を停止できます。これにより水の無駄を減らし、損害を軽減できます。
  • スマート作物監視: 無線センサで土壌、天候、湿度、温度を監視できます。
  • 家畜の監視: センサから送られてくるデータで家畜の位置と健康を監視できます。

スマート農業でセルラー IoT を使う利点:

  • クラウドへの直接通信: セルラー IoT では、デバイスがクラウドと直接通信できるため、デバイスがお互いから離れているユースケースに最適です。
  • スケーラブル: セルラー IoT は非常にスケーラブルであり、少数のデバイスから始めてスケールアップすることができます。

インダストリー 4.0

次の革命

第 4 次産業革命は、セルラー IoT アプリケーションを含む様々なセクターで変革をもたらしている。スマートグリッドは、産業が電力資源を管理する方法に革命をもたらしています。接続されたデバイスとハードウェア間の効率的な通信を促し、スパイク、機器の故障、停電をリアルタイムで検出できます。予知保全はインダストリー 4.0 のもう一つの基礎であり、機器の性能を監視できるようにします。データを収集・分析することで、潜在的な結果を予測し、ダウンタイムを最小限に抑え、生産性を最適化します。

インダストリー 4.0 でセルラー IoT を使う利点:

  • グローバルカバレッジ: 他の接続が利用できない、または信頼できないような遠隔地または到達困難な場所で機器を監視し、データを収集できます。
  • 信頼性の高い、安全な接続: 中断または漏洩することなくデータを送受信できます。これは予知保全ソリューションで特に重要です。データの伝送が中断すると、アラートの受信を逃したり保守が遅延したりするため、機器の故障やダウンタイムにつながる可能性があるためです。
  • スケーラブル: クラウドでリアルタイムで分析される大量のデータを送信できます。これは予知保全ソリューションで重要です。複数のソースからのデータを継続的に監視・分析する必要があるためです。
  • コスト効率が良い: 高価なカスタム接続ソリューションやプライベートネット ワークが不要です。セルラー接続は IoT のニーズに合わせてより適切に調整されてきており、コストは低下傾向にあります。

開発事例

Nordic のシステムオンチップとソリューションがモノのインターネットにどのように広く影響を与えているかを学びましょう

お問い合わせ