Welcome to JP site
  1. Home
  2. 開発ツール

    nRF5340 DK

nRF5340 SoC用開発キット

nRF5340 DK

開発キット

nRF5340 SoC用開発キット

主な特長

  • Bluetooth Low Energy、Bluetooth Mesh、NFC、Matter、Thread、Zigbeeに対応
  • ユーザープログラム可能な4つのLEDと4つのボタン
  • 2.4 GHzおよびNFC用のアンテナ
  • RFの直接計測用SWF RFコネクタ
  • オンボードSEGGER J-Linkデバッガ/プログラマ
  • Arduino Uno Rev3フォームファクタ
  • 消費電力計測用ピン
  • USB、外部電源、Li-Poバッテリ、CR2032コイン電池から1.7~5.0 Vを供給

ソフトウェア

nRF5340 DKは、nRF5340 SoC用の開発キットで、開発を始めるために必要な全てを1枚の基板に実装しています。

本キットは、様々な無線プロトコルを使った開発に対応しています。高スループット2 Mbps、Advertising Extensions、Long Range等の機能を備えたBluetooth Low Energyに対応しています。Bluetooth Mesh、Thread、Zigbee等のメッシュ プロトコルをBluetooth Low Energyと同時に実行できるため、スマートフォンがメッシュノードのプロビジョニング、コミッショニング、設定、制御を行えます。これはMatterアプリケーションに必須です。また、NFC、ANT、802.15.4、2.4GHzの独自プロトコルにも対応しています。

本キットにはNFCアンテナが付属しており、nRF5340のNFC-Aタグ機能を素早くテストできます。SEGGER J-Linkデバッガを基板上に実装しており、nRF5340 SoCと外部ターゲット両方に書き込みとデバッグが可能です。

ヘッダとエッジコネクタを使用することで、アナログI/O、デジタルI/O、GPIOにすべてアクセスできます。本キットはArduino Uno Rev3ハードウェアと互換性があるため、外付けのデバイスシールドと容易に接続できます。

ユーザープログラム可能な4つのボタンと4つのLEDを実装しており、nRF5340 SoCとの入出力をシンプルにできます。オンボードの外付けメモリは、nRF5340 SoCの96MHz QSPIモジュールに接続されています。

nRF5340 DKは通常USBから給電しますが、1.7~5.0 Vの電源電圧レンジで各種電源を使用できます。USBに加えて外部電源から給電することも可能ですが、現場でのテスト用にCR2032バッテリホルダとLi-Poバッテリコネクタも実装しています。専用の電流計測ピンを使うと、消費電流を計測できます。例えば、NordicのPower Profiler Kit IIが使用可能です。

nRF Connect SDKは、nRF5340 SoC用のソフトウェア開発キットで、nRF5340 DKに対応しています。Bluetooth Low Energy、Thread、Zigbeeアプリケーションのソフトウェア開発に対応しています。Zephyr RTOS、プロトコル スタック、サンプル、ハードウェア ドライバ等を統合しています。

nRF5340 DKのハードウェア レイアウトと回路図は、ダウンロード セクションで提供しています。

nRF5340 PDK(プレビュー開発キット)をお探しですか。nRF5340 DKはnRF5340 PDKの後継品ですが、製品ページはこちらでご覧いただけます。

nRF5340 DKの製品概要 [PDF]

今すぐ開発を始められます

弊社のチームが迅速な開発をお手伝いします。

お問い合わせ