Welcome to JP site
  1. Home
  2. 開発ツール

    Nordic Thingy:91

マルチセンサー セルラーIoT試作プラットフォーム

Nordic Thingy:91

セルラーIoT試作プラットフォーム

マルチセンサー セルラーIoT試作プラットフォーム

特徴

  • LTE-M、NB-IoT、GNSSに対応
  • Bluetooth LEとNFCに対応
  • ユーザープログラム可能なボタンとRGB LED
  • 温度、湿度、空気質、気圧の環境センサ
  • 色および光センサ
  • 高G・低消費電力加速度センサ
  • 10 MBのiBasis製eSIMカードをバンドル
  • 充電式Li-Poバッテリ:
  • v1.0.0では1400 mAh
  • v1.4.0以降では1350 mAh

ソフトウェア

Nordic Thingy:91 概要

Nordic Thingy:91はLTE-M、NB-IoT、GNSSを使用するセルラーIoT向けの、使いやすいバッテリ駆動の試作プラットフォームです。セルラーIoTの開発段階におけるコンセプト実証(PoC)、デモ、初期試作品の製作に理想的です。

Thingy:91は[nRF9160 SiP]を中心に構築されており、世界中のLTEバンドで幅広く認証されています。すなわち、Nordic Thingy:91は世界中ほぼどこでも使用できるということです。セルラー通信はGNSS位置情報の取得とエレガントに組み合わせることができるため、洗練された資産追跡製品のアイデアに最適です。本キットには、洗練された資産追跡アプリケーションが書き込み済みです。

本キットにはモーションセンサ、ショックセンサ、空気質センサ等、多数のセンサを実装済みです。nRF Connect SDKはThingy:91をサポートしており、すべてのセンサと接続機能についてサンプルを提供しています。

Thingy:91はnRF52840マルチプロトコルSoCを実装しています。これにより、既存のプロジェクトにBluetooth Low Energy接続を追加できます。

Nordic Thingy:91には、iBasisのグローバルユースSIMカードが付属しており、10 MBのデータプランが無料で利用できるため、すぐに使い始めることができます。Thingy:91とSIMは、nRF Cloudによるプロビジョニングとモニタリングが可能です。nRF Cloudとは、Nordicセミコンダクターのクラウド デモンストレーション、評価、テスト用のプラットフォームです。

詳細は、Nordic Thingy:91の製品概要をご覧ください。

nRF Thingy:91

開発事例

Nordic のシステムオンチップとソリューションがモノのインターネットにどのように広く影響を与えているかを学びましょう

お問い合わせ